フィリピン・仮想通貨取引プラットフォーム“Huibi Exchange”設立

フィリピンのOFW問題を解決するために発行されたNOAHの価格が乱高下する最中、フィリピンのニュースサイト“philstar”が仮想通貨取引プラットフォーム“Huibi Exchange”の記者会見を報道。どうなるフィリピン仮想通貨事情?どうなるノアコイン?

 

スポンサーリンク

“Huibi Exchange”開設?

フィリピンのニュースサイト“philstar”が2018年8月12日にフィリピン・パサイ市・マニラマリオット・ホテルで開かれた“Huibi Exchange”の記者会見を報道。

Huibi?Houbiの間違いじゃないの?と思えるような記事だが、Huibiで間違いないようだ。

The Huibi Exchange is the first national cooperation of Huibi Network in the world market. It is also a vital and strategic way of providing a one-stop exchange service for the Huobi Cloud (the coin used Huibi exchange).

−翻訳−
Huibi Exchangeは、世界市場でHuibi Networkの最初の国家協力です。また、Huobi Cloud(Huibi取引所を使用したコイン)にワンストップサービスサービスを提供するための重要かつ戦略的な方法です。

引用元:Digital currency trading platform established in the Philippines

Huibiは、中国語で“汇币”でカナをふるなら“フゥイビィ”というような感じですね。

Huibi Networkは、汇币网(hui bi wang)で、仮想通貨(暗号通貨)取引所HB.topを運営しています。

HB.top
https://www.hb.top/

ちなみに、Huobiを「フオビ」とか「フオビー」とカナをふっているのをよく見かけますが、“火币”なので“フゥオビィ”の方が発音的には近いかもしれません。

 
それはさておき、

記事から察すると“Huobi Cloud”を使用した仮想通貨取引所Huibi Exchangeをフィリピン政府公認で開設するお披露目記者会見のようです。

Huobi Cloudは、Huobiの既存の取引プラットフォーム上にデジタル資産取引プラットフォームを構築することができるシステムで、クライアントが仮想通貨取引所を容易に設立することができ、店頭での仮想通貨対法定通貨取引プラットフォームや独自トークン開発のサポートなど幅広いサービスが用意されています。

Huibiは、すでに中国、タイ、台湾に事業拠点を設けてます。

Ya Tai International Holding Groupの強力な財務力とHuobiコインの高度な技術ソリューションのバックアップがあるので近い将来上位の取引所になるかもしれません。

今後の見通し

Huibiは、今の所法定通貨との直接交換はないようです。

しかし、フィリピンの拠点を構えたことでフィリピン・ペソから始めることを計画しているかもしれません。

そんなところにNOAHがボードアップされれば…と考えたりもしますが、結局の所Huibi運営にしかわかりません。

いずれにしてもフィリピンで仮想通貨熱が高まることは良いことで、フィリピン経済がますます発展するならNOAHの需要もあるでしょう。

 
[st-card id=32058 ]
[st-card id=29656 ]

スポンサーリンク