金儲け情報

インターネットで金儲けは嘘?それは、今まで何をやっても上手く稼げなかった人の言い訳です。本当にインターネットで稼げる方法をご覧頂きましょう。

仮想通貨で稼ぐ方法:基本編

仮想通貨(暗号通貨)で稼ぐ方法

仮想通貨は、今、最も稼げる投資方法のひとつと言えます。しかし、全ての仮想通貨が稼げるとは限らず、危険な仮想通貨もあります。安全確実に稼ぎたければ、まず仮想通貨の基本をマスターしておきましょう。
 
※情報随時追加予定

仮想通貨とは

仮想通貨で稼ぐたには、最低限これだけ知っておけば大丈夫です。

仮想通貨は、暗号通貨

「仮想通貨」は日本だけの呼び方で、正しくは「暗号通貨」(crypto:暗号、currency:通貨)です。

日本ではじめて各メディアが取り上げた時、紙幣や硬貨などの実態がない通貨であることから「仮想通貨」と報道されることが多く、そのまま広がってしまいました。間違いだとわかっていてもいまさら「暗号通貨」と呼ぶと混乱を招く恐れがあるのでそのまま仮想通貨と呼んでいるのが現状です。

そんな呼び方をしてしまったことが不安をあおり、日本でなかなか認知されなかったのでしょうが、仕方がないので当サイトでもしばらくは「仮想通貨」と呼ばせて頂きます。

国や中央銀行の介在しない通貨

仮想通貨は、国や中央銀行が介在しない通貨です。

日本円や米ドル、ユーロなどは「法定通貨」と呼ばれ、その国の政府や中央銀行が発行し管理しています。対する仮想通貨は、賛同者がつのり発行され、ブロックチェーンと呼ばれるプログラムで管理しています。

経済政策によるリスクがない通貨

仮想通貨の価格変動の主導は利用者にしかありません。

法定通貨は、取引量(購入する人が多くなると価格が上昇し、売却する人が多くなると価格が下降する)による価格変動とは別に国家の経済政策や中央銀行の運営方針による価格変動のリスクがあります。例えば、その国の経済価値以上の貨幣を造幣してしまうとお金の価値が下がります。ハイパーインフレで破綻したジンバブエの経済などが良い例でしょう。

対する仮想通貨は、予め発行量が決められていて、取引量による価格変動しかありません。これが「仮想通貨は、金(ゴールド)と同等の価値がある」と言われる所以です。

パソコンやスマホで取引する通貨

仮想通貨は、インターネット上で取引し、紙幣や貨幣などの物質的な貨幣は存在しません。

取引所またはウォレットと呼ばれるインターネット上のシステムに個人口座(アカウント)を開設して、パソコンやスマホで購入・売却・送金などの取引をします。紙幣や硬貨などの実態はありませんが、口座を持っている企業や店舗でも利用可能なので、普通に買物や飲食などの支払いが可能です。

消費活動を活発にする通貨

仮想通貨は、その国の通貨に換金しなくても買物や飲食などの支払いに使えます。

海外に送金する場合や海外に行って買物や飲食する場合には、その国の通貨が必要です。両替所によってレートや手数料が異なり、面倒くさい上に下手をすると損します。その点、仮想通貨は、その国の通貨に換金しなくても使えます。

少子高齢化が進む日本でも、海外旅行者を増やすことが課題となっています。仮想通貨がどれだけ貢献しているか理解できるでしょう。

手数料が安く、一瞬で送金できる通貨

仮想通貨は、銀行よりも安く、早く送金できます。

日本で送金や振込すると数百円で住むので理解できないでしょうが、海外での送金手数料は驚くほど高額です。しかも、日本では午前中に手続きすれば間違いなく午後に着金しますが、それは日本だけと言っても過言ではありません。

例えば先進国の米国。ニューヨークからロサンゼルスに銀行振り込みした場合、手数料は2千円〜3千円。到着に1週間程度かかります。フィリピンなんて国民の3割程度しか銀行口座を持っていません。そのため振込代行サービスがビジネスとして成り立つのですが、5万円送金の送金で5千円… 

しかし、そんなフィリピンでもスマホを持っていない人を探すほうが難しく、発展途上国の中東ヨルダンやイスラエルでも日本よりスマホ普及率は高いんです。おわかりですよね?

では、そろそろ本題にまいりましょう。
 

仮想通貨の稼ぎ方

仮想通貨で稼ぐ方法は、ひとつではありません。それぞれの特徴を理解して、自分に合った稼ぎ方を見つけましょう。

現物取引で稼ぐ

安い時に購入し、高い時に売却して、その差益で稼ぐ方法です。

仮想通貨の売買は、仮想通貨専門の取引所で行います。

 
最も稼げるタイミングは市場公開前・市場公開直後で、市場公開されてからも利便性の向上が発表された直後や利確(利益確定)で下落した時など多々あります。

  • 市場公開前・後
  • 取扱企業・店舗・取引所の増加
  • システム改善
  • 利確後の下落

ただし、新しく発行される仮想通貨の全てが価格上昇するとは限りません。仮想通貨の最も重要な価値は利便性にあり、市場公開後の将来性を見極める必要がありますのでご注意下さい。

さらに、仕手(して)が入った銘柄は、一時的に高糞しますが下落するのも速いです。仕手に乗ると思わぬ稼ぎになりますが、利確時を間違えないようにご注意下さい。

仕手(して)
人為的に作られた相場で、短期的に大きな利益を得ることを目的に、大量購入し価格を高糞させ目的の利益に達した時に売り抜けて稼ぐ方法

現在、当サイトで市場公開後確実に値上りすると予測しているのは、NOAH COIN(ノアコイン)のみです。

NOAH COIN(ノアコイン)関連情報
ノアコイン最新情報
ノアコインは稼げるか?基本編
ノアコインは稼げるか?噂の審議1

マイニングで稼ぐ

取引履歴の記録をお手伝いして稼ぐ方法です。

マイニング(minng)とは「発掘」にあたる英語で、仮想通貨においては、POW(プルーフ・オブ・ワーク)の仕組みを採用している仮想通貨の「取引履歴の記録に参加する」ことを意味します。

ネットワーク上に分散されている取引台帳のデータと追記の取引データの整合性を正確に記録する必要があり、そのために膨大なデータ処理が必要になります。その作業を手伝う見返りに新たに発行したコインを支払うという仕組みになっています。

ただし、最初にデータ処理が完了した1人だけに支払われるので、早い者勝ちです。そのため、より高性能なコンピューターが必要になり、熱暴走を防止する電気代もバカになりませんので、普通のパソコンを使って個人でマイニングするソロマイニングでは稼げないということになります。

どうしてもマイニングで稼ぎたい場合は、複数の人が強力して発掘すプールマイニングに参加するか、競争相手の少ない仮想通貨をマイニングしてビットコインやイーサリアムのような人気の仮想通貨に換金する方法もあります。

↓こちらの記事を参考にしてみてください。
モネロを発掘してビットコインで稼ぐ方法

信用取引で稼ぐ

いわゆるFXのように証拠金を預けて稼ぐ方法です。

現物取引は、安い時に購入し高い時に売却して、その差益で稼ぎますが、信用取引の場合は、高い時に売って稼ぐこともできます。

レバレッジも使えるので、小額でも大きな取引ができます。

報奨金で稼ぐ方法

紹介報酬や利用報酬で稼ぐ方法です。

Faucet(フォーセット)で稼ぐ方法

貸し出して稼ぐ方法

仮想通貨を一定期間貸し出して利息で稼ぐ方法です。

定期預金の利息で稼ぐようなものですが、定期預金の年利と比較にならないほどの年利が設定されています。

ICOで稼ぐ方法

ICO(Initial Coin Offering)とは、仮想通貨で資金調達する方法で、株式で言うところのIPOの仮想通貨版だとお考え下さい。

IPOは、「Initial(最初の)Public(公開の)Offering(売り物)」の略で、企業が株を発行して資金を集める方法です。

新規公開株(未公開株)は価格が割安に設定される場合が多く、公開後に大きく値上りする場合が多いので株式初心者でも大きく稼げる方法と言えます。

ICOは、独自コインを発行して仮想通貨で出資してもらいます。従来のIPO(Initial Public Offering)の10倍安いと言われ、約4万ドル程度の費用で1000万ドル調達できる可能性があるので最近特に注目されています。

株式同様、価格が割安に設定されており、公開後に数十倍、数百倍になることもあり少ない資金で大きく稼げる投資方法のひとつとも言えます。

超推薦ICO
COMSA(コムサ)
上場決定ICO

 

安全な仮想通貨取引所一覧

仮想通貨(暗号通貨)を安心して取引できる取引所の一覧です。

仮想通貨の価格は、各取引所の売買状況によって異なります。
さらに、各取引所のシステムによって使い勝手も異なります。

リスク分散や活用範囲を広げるために、複数の取引所にアカウントを作っておくことをおすすめします。

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 金儲け情報 , 2018 All Rights Reserved.